ビキニ環礁シンジケート

書くことが楽しい

依羅じゃなかった

  ここ二週間くらいブログ書いてないしそろそろ更新するかーつって自分のブログを開いてみると、最終更新日が三十二日前って表示されててそのままブログを閉じた。それから二、三日後かな、ひょっとすると四日くらいは経ってたかもしんないけど、ま、それくらいのタイミングでおそるおそるブログを開いてみると、今度は五十日前って表示されて、思わず、ダウト、つった。

  無理があり過ぎ。さすがに俺でも計算が合わないことくらいわかる。いや、だって、ふざけてんじゃん、五十日間もあれば人って二十記事くらいは書いてるっしょ普通、それともあれか、知らねーうちに五十日の定義が変わったのか? あん? つって、爆笑しながらGoogleで「五十日間」って調べたら杉原千畝を紹介してる「命のビザ−運命の50日間」っつーサイトが出てきて、そこに「杉原が50日間で助けたユダヤ人は6000人とも8000人とも言われている。」みたいなこと書いてて途端にしゅんとした。

  いや、俺は別に外交官じゃないし数千人の難民を救えてなくても別に良いし、それが当たり前なんだけどさ、それでもなんつーかさすがに密度が違い過ぎるっていうか、ほら、たとえば杉原千畝がブログをやってたとしてさ、五十日間くらい更新が止まって、元気してんのかなー千畝っちのやつ、とか思ってた矢先に、やっと「千畝のリトアニアDays」が更新されて、そこで「皆さんお久し振りです。杉原千畝です。まずは五十日間もブログを更新できなかったこと、お許しください。ユダヤ人を6000人から8000人くらい救っていてブログ書く時間がありませんでした」とか書いてたらさ、いやそりゃそうだよ、みたいな。なんか偉大さの規模感が正確に捉えられないからあれだけど、たぶんブログとか書く時間は普通になかっただろうな、みたいな感じになるじゃん。気軽に「お疲れ様でした」とかコメントできないし。

  なんかそんなの読んでたら五十日間ブログを更新しなかったあとの記事って、ひょっとしてそれくらいの規模の出来事が求められるんじゃねのーかって気持ちになってきて、それからどうしよどうしよって思ってたら今日でちょうど二ヶ月経っちゃった。なにこれ? もしもーしタイムパトロールさーん? えっと、もう、この二ヶ月間をありのまま書いていい?

  んと、俺、前回の記事でたしか好きな人から髪を編んだ写真を貰いました、つー話を書いたと思うんだけど、あれから二ヶ月間の進捗だよね。えっと、好きな人の話に限って言えば、スマホを変えたせいでその写真が消えたから新しい写真をねだってなんとか数枚もらえた、くらい、実際。もはやこれは進捗っつーか、一歩下がって一歩前に出ただけなんだから、いわゆる不動、なんだけど。寿命がウン万年みたいな種族の恋愛かよ。

  でも、好きな人以外のことなら前回から色々なことがあって、スマホを替えたり、札幌へ行ったり、彼女ができたり、祖母を亡くしたり、こうやって列記してみると時日に見合っただけの出来事はちゃんとあって、人は変わらずにはいられないんだ、な、みたいな、俺らって変わりたくないとどれだけ願っても変わらずにはえ、なに? うん。あー。オーケーオーケー。彼女ね。彼女ができた話ね。わかってるわかってる。無理だとは思った。あがき、みたいな。こんな感じでさらっと流してみたらひょっとすると、みたいな、いやー、なんつーか、彼女ができたくだりに関してはめちゃくちゃ突っ込まれそうだから、さらっと良い風の話の中でまとめあげて終わらせたかったんだけど、えーっと、さすがに無理?

  まあなんだろ。そういうことです。彼女つっても、女性の三人称ではなくって、恋人みたいな方がちゃんとできました。わかります? 恋人の意味。相手はこのブログにもミヤタっつー名前で何度か出てきてた人で、ほら、舌の根も乾かぬうちに、みたいな感じでお叱りを受けそうなんだけど、まあブログに関してはさ、どれだけ応援してくれていた人たちに怒られても、こう、ね、沈黙は金って感じで、いわゆる黙殺、もとよりこういうブログだったんスけど、っつー感じの佇まいでブログを更新し続けるから何も問題はないんだけど、ほら、やっぱさ、好きな人に報告するのが。すげーなんつーか、憂鬱じゃないけど、気まずいというか、ね、わかんじゃん。今まで私のこと好き好き言ってたくせに、みたいな、じゃん。途端、じゃん。したっけドキドキしながら、俺、ミヤタと付き合うことになった、つって、それからトーク画面を開いたり閉じたりそわそわしながら待ってたらすぐ返事が返ってきて、いつか言うと思った、って言われて。さすがに笑った。

  えー、まじかー、いつか言うと思ってたのかよー。なんだよー結局全然伝わってなかったのかー。俺があれだけ好き好き言っててもこいついつかミヤタと付き合うんだろうな、って感じだったんだ、まあ結果的に正しいのはそっちだったわけだし、そんなもんかー、とも思い直して、だとしたら俺自身もこんな展開は予想してなかったのに、なんでもわかっちゃうんじゃんっもう、みたいな感じで、好感度の差し引きとしては結果としてプラスに。もう、俺の脳の好感度を司る部分ってしばらく正常に機能してない。

  自分では今までずっと川で遊んでたつもりで、でもゆっくりと海へ海へと流されてしまっていた、と思ってたんだけど、いっやー最後らへん俺がバタ足してたところは、俯瞰で見ると依羅でさえない場所だったみたいで、がっつり海だったらしい。ちょっと安心したりやっぱりでもまた落ち込みながら、でもでも、こいつやっぱすげーいい人じゃん、そういうところだぞ好きなとこほんとよー、つって嬉しくなった。そうこなっくちゃ、みたいな。

  ミヤタにも好きな人に付き合ったって伝えたよって言って、なにか言われた? って訊かれたんだけど、いつか言うと思ったって言われた、って言うしかないじゃん。したっけそのまま伝えたら、もうあれ、そん時のミヤタの顔、第五使徒ラミエルと戦ったあとの綾波レイそっくりだった。碇シンジが「アヤナミィィィィィい!!!」つってエントリープラグのハッチを開けた時とおんなじ顔してた。そりゃそうなるわ。

  ミヤタ、なんて返していいのかわかんないのか、あー、つってて、その「あー」はミヤタが会社の上司とかお客さんからよくわからないことを言われた時に多用する、場をつなぐためだけの「あー」ってことを俺は知ってるから、俺も真似して、あー、つって、二人であーあー言い合って笑った後に、元気出してって言われて、俺は笑えば良いと思うよ、って言った。

 で。ここからが当ブログとしての問題なんだけど、俺、ミヤタにも好きな人のことを散々好き好き言ってたし、それでもまた告白してくれて、ありがとうわかった一回ちゃんと話し合おうつって、でもそれから数日答え出せなくてってしてから結局付き合うことになったんだけどさ、後から見つかってなんかなるのとか嫌だしその話し合いの時にこのブログ見せた。そう。このブログ見られてんの。いえーい! 更新してるよー! ま、それに関しては、ミヤタは別に今まで聞いてた通りだったしこれからも更新していいんじゃないって言ってくれたけど、いや、言ってくれたけどさ、こちとらもはや気軽に更新できなくない?

  つーかこうなってくると根本的にブログ自体の欠陥に向き合うしかなくなって、記事のカテゴリあんじゃん、それ今までは「好きな人について」「好きな人じゃないことについて」「創作」って分類してたんだけど、これがすげービミョーなことになってきてる。当然好きな人に関しての記事はこれまで「好きな人について」なんだけど、この分類法だとミヤタに関しての記事は「好きな人じゃないことについて」になってるんだよね。

  これさ、さすがにまずくない? でもなんか今までのカテゴリの名前を変更して、たとえば「元好きな人について」「彼女について」みたいなのは本当に最悪じゃん。特にその変更について何も触れずに変えたことがみんなに露見すると、それはもう、もちろん黙殺するんだけど、終(つい)ってことになる。「このブログ、終(つい)」っつーはてブがたくさんつく。だからって「好きな人について」で今後ミヤタの話を書いて、好きな人のことを「好きな人じゃないことについて」とかにするとわけわかんなくなるし、何より途中からこのブログを読み始めた人から、ここの管理人マジの馬鹿じゃん、と思われかねない。以前あれだけ悩んで、神の一手と思って打った一手がまさかのトン死。あの分岐からはどうやら死筋しかなかった。

  もうこれは戦後の歴史に倣って墨塗りにするしかないのかもしれない。「好きな人」という文字列を検閲で全て■■■■と表記し直して、カテゴリも「■■■■について」「■■■■じゃないことについて」に変えて、たとえば過去の記事の内容も「■■■■ってほんとにすごくって。世界が見違えるようになるし、■■■■のためなら俺なんだってできちゃうよ」みたいな感じで。ディストピアの完成である。

  ただこれは諸刃の剣。全ての問題が解決されるかわりに、公権力から目をつけられる。だって完全に違法なクスリをやってる人の感想ブログだし。「今日は知り合いのイラン人から■■■■の話を聞いてすっげーテンションあがった!」みたいなブログを何気なく書いたら最後、「落としのプロ」「拷問龍バイオレンスドラゴン」と署内から恐れられる暴田(ぼうだ)脅太郎(きょうたろう)っつー刑事からめちゃくちゃ違法な取り調べをされて、■■■■は好きな人って意味なんです〜! といくら言っても、あン? 好きな人? ナマ言っちゃあかんわ君。隠語やろ。”好きな人”の頭文字はS。エス覚せい剤のことや。つって。 

  調書にも「■■■■は覚せい剤って意味なんです〜!」とか書かれて、それを見た俺は慌てて、俺は覚せい剤なんて言ってない〜! って否定するんだけど、ニュースでは俺の発言を都合のいいように前後を切り取られて「発表によりますと容疑者の男は、取り調べに対して”覚せい剤は好きな人。俺は覚せい剤。”などと意味不明な言動を繰り返しており、警察では覚せい剤の使用を含めて厳しく余罪を追及する方針です」みたいに捏造されて報じられる。

  そのVTRをスタジオで見ていた宮根誠司が、いやあもう最近の若者ってほんまみんなこんなんやね、あほちゃうか、みたいなことを言って、ま、これは良いわ。宮根誠司はいい。まだまだ書かなきゃいけないことがあるし、ミヤネ屋の話をするほどこちとら暇じゃない。

  プランBはさっきのと少し被る部分もあんだけど、より具体的に好きな人をなんか、たとえばオコジョとかマンチカンみたいなかわいい生き物に置き換えて、当たり前みたいな顔でオコジョ大好きブログを更新し続けていくってやつ。これはかなり現実的。

  そりゃ過去の記事で筆が滑って好きな人への思いを熱く書いてたりしてるだろうし、ほらたとえばそれが、オコジョと遊びに行ってそれがほんと楽しくて、俺、告白しちゃった、みたいな文章になっちゃったりしたら、整合性を保つために、自分、小動物に恋愛感情あるし告白もした異常者ッスみたいな感じで今後は押し通さなきゃならなくなるだろうけど、それくらいは背負うつもりだよ。これが責任ってやつだろーから、さ。小僧にはまだまだわかんねーかもしんねーけど、責任っつーのは、立場上当然負わなければならない任務や義務のことだ。大辞泉に全部書いてる。 

  でもそれよりなにより、このプランBは完全に嘘を吐くことになるから、それってつまり俺が今まで書いてきたものをすべて否定することになるっつーのがなんとなくさみしい。飽きてりゃ別にブログを消して終わり終わりつっても良いんだけど、ブログを書くこと自体は今でも楽しいし、いっそ別のブログでも始めよーかなとかとか、そんな感じで今色々考えてて、でも好きな人のことを書くことはないんだろうし、もうなんとも思ってないんだし、みたいな。

「ちょっと待って、でもそれって君がほんまに思ってることではないんちゃうの?」

  耳障りな関西弁が耳に飛び込んでくる。僕は、ほっ、と、い、て、く、だ、さ、い、とその声の主に向かって口の動きだけで言い返した。

  いつもこうだ。僕に何かがあるといつも誰よりもそれに早く気付いて、余計なお節介を焼いてくる。今日も仕事終わりにとつぜん彼に連れていかれたと思ったら、誘導尋問みたいにことの顛末をすべて話させられた。

「だって君がそんな顔してる時っていっつもそうやんか」と彼は言うと、勝手に烏龍茶を二つ大声で追加し、おもむろに僕の頭をがしがしと撫でてくる。だってそんなこと言ったってどうもこうもできないじゃないですかー、と僕はその手を振りほどきながらも、どんどんと本心を吐露してしまう。

  ほんとうに不思議な人だ。人の心の中に土足のままずかずかと入ってきて部屋の主よりもそこでくつろいでるみたいで。そんな彼を苦々しく思いながらも気が付くと違和感がなくなっていて、当たり前のようにその状況を受け入れてしまっている。

じゃあどうしたらいいんですか、こんなの。

「思うままにしたらいいやん。良いも悪いもないわ」

ほんと勝手な人ですよね。

「難しく考えなや。君がひとりで始めたことやん。それやったら君ひとりで終わらせるしかないねんて」

ひとりで始めたことは、ひとりで終わらせるしかない、ですか。

「そうや。僕ら周りにできるのはその過程で君を手伝ったり、君がちゃんとひとりで決めて終わらせなあかんってことを伝えるくらいやからな。おっ、きたきた。ありがとさん。烏龍茶飲み飲み」

好きな人のこと、なんとも思ってない、ってことは、ないです。

「そんなこととっくに知ってるわ。僕のやってる仕事わかってるやろ。情報が命やねんで」

  気が付くと僕は大粒の涙を流していた。彼の言葉はぶっきらぼうで、気休めの優しさもなくて、僕の言って欲しいことなんて何一つかけてくれない。なのに、それなのに、自分ですら気が付かないような方法とやり方でいつのまにか彼はそこへたどり着いて、あたたかく僕を包んでくれている。

どうしていつもそうやって僕のことはなんでもわかるんですか。

僕の言葉に彼は、さっきも言ったやん、と破顔する。

「だって君がそんな顔してる時っていっつもそうやんか」

「おっお疲れさん。ホシはゲロったで。あいつまだ好きな人のこと吹っ切れてないわ。起訴の用意すすめてくれ」男は扉の外にいた部下に対してそう言うと、部下たちから賞賛の声があがった。

「さ、さすが落としのプロ! お疲れ様でした! よくあのホシに自白させましたね。一体どうされたんですか?」一人の部下が男に尋ねると、暴田脅太郎はニヤッと笑いながら「僕の仕事は刑事や」と言った。 これなに?

  っつーことで皆さんお久し振りです。踊り子ノイズです。まずは二ヶ月間もブログを更新できなかったこと、お許しください。起訴されていたのでブログを書く時間がありませんでした。今後ともよろしくお願い致します。