ビキニ環礁シンジケート

書くことが楽しい

奇跡さえ起こればいい

 

 前にも書いたかもしんないけど俺と好きな人って実は高校が同じで、まあそんなの当時は全然知らなかったんだけど、それが本当に今になって悔やまれるんだよね。つーのも高校時代の俺って、後輩に天使がいる、みたいな可能性なんて微塵も考慮せずに日夜やりたい放題してて、それはもう、触れるもの皆傷付けて、酒に喧嘩にドラッグに明け暮れてた系だったわけじゃないですか。でもなんだろ、高校生にもなると徐々に周りの人たちも少し大人になろうぜみたいな雰囲気を出しきて、だけどあの、俺の出身中学って『ごちゃごちゃ言ってないで誰が一番馬鹿か決めたらいいんだ!』みたいなノリのとこだったからその影響もあって、大人になったら確実に負け、みたいな、俺こんなクラスに馴染んじまったらその場で自死しようと常に懐刀を持ち歩いてた。

 でもうちの高校って、なんつーのかな、そういうのと真逆で、すげーキラキラしてる感じを出そう出そうと学校ぐるみでしてくる感じの、勉強も人並み以上にできちゃうし、それでいて部活動も強い、自由な校風でたくさん個性的な人たちが居て、みんなで青春に全力投球だっ! みたいな、特に俺が外国語系の学科で女子が多かったから学校の中でも特にそういう風潮が顕著だったし、最初はそういうのに対して斜に構えたり揶揄してた人らも、二年の冬くらいにもなれば、まあ、見事にみんな染まっていって、家にかかってくるセールスの電話とかにも「あ、はい、すみません、恋に部活に大忙しで……」つって断るような感じで、いつからか俺も懐刀を持ち歩かなくなってた。

 一般の生徒ですらそんなだから、生徒の代表たる生徒会長なんてもう、ありていに言ってしまえば青春龍ブルースプリングドラゴンなわけで、なんか一年の時に文化祭があったんだけど、その前夜祭? 後夜祭? で当時の生徒会長が、体育館の舞台上から彼女に向けて「最近受験勉強が忙しくて、前より話したり遊んだりする時間が少なくなったけど、それでもずっとお前のことが好きだっ!」的な再告白をしてて、それを聞いた生徒たちはひゅーひゅー! みたいな、他にもクラスメイトの女の子たちが学校に軽音楽部がないから同好会立ち上げよう! つって、どこぞのアニメかよ、みたいな、とにかくそんなのが許容されて、そして評価されるような高校だった。

 で。冒頭で酒に喧嘩にドラッグにって嘘八百並べてた手前ほんとこんなこと言うのは恥ずかしいんだけど、俺は二年生からクラスの評議員だっのよ。評議員っつーと、つまり学級代表みたいな、言わばクラスで一番模範的な生徒なわけで、うちの学校は青春が至上命題とされてたんだから実質青春の申し子みたいな、青春のことなら踊り子さんところのノイズくんに訊きな、みたいな感じなわけで、まあ、ほんとはクラスの委員決めの日に欠席してたから閑職を押し付けられただけだったんだけど、とにかく世論の圧倒的な支持を得てクラスの代表、国で言えば総理大臣の地位に俺が就いていたわけで、要するに高校時代、俺は総理大臣だった。

 正直、内心「よっしゃ」って感じだったよね。だって去年の生徒会長の姿覚えてるし。あんな風に好き勝手振舞ってもいいわけでしょ?

 まあ、学校では生徒会長の方が立場は上だけどさ、総理大臣つったら数々の特権があるわけで、評議員である俺にもクラス内に限って言えば同等の裁量が認められるわけじゃんか。まずは国務大臣の任命権。俺がクラス運営に必要だと思った、具体的にはクラスの可愛い子だけを集めて「踊り子内閣」を組閣して、臨時会と称して夏休みの間特別招集をかけておっぱいを揉むことだってできるわけだ。当然、不逮捕特権のお陰で会期中は何しても捕まんない。テストだって内閣法7条の中止権を行使することで中止、これまでの成績も行政事件訴訟法27条に基いて行政処分等の執行停止命令を要求し、以後の授業は眠たくなったら警察法71条の緊急事態を布告して中断、そんな俺に反発し辞任を要求してくるであろうPTAに対しては「内政干渉であり誠に遺憾」っつーことで自衛隊法76条の防衛出動を発動して鎮圧すればいい。最強。

 あ、あと、総理大臣つったら当然給与が出るわけだよね? さすがに同じ年収である約4060万円とは言わないにしても、130,000,000人で40,600,000円なんだから、40人ならだいたい、えーっと、年収128円? あっ、じゃあこれはいらないわ。うん。逆にこれはいらない。割に合わな過ぎ。受け取ることで納得したと思われるのが癪だし。

 まあ結論から言うと評議員って権力も報酬もないマジでただの小間使いだったし、それに気付いた瞬間、バッキャロー! って叫んで内閣総辞職したんだけど、なんだろ、生徒会長が青春龍ブルースプリングドラゴンなら、俺はこの時、怒鳴り龍バッキャロードラゴンだった、っつー話は本当に必要なくない? 勘弁してくれよ。じゃなくて、そっから評議員の仕事とかも完全にやる気がなくなったんだけど、評議員って体育祭とか文化祭で生徒会との絡みも当然あって、そこをもう一踏ん張りして真面目に取り組んでたら下級生、ひいては好きな人と関われる糸口になってたかもしんないっつー後悔が今あんの。つーかもうそれっきゃない、って。

 なんだろ、評議員にすっげーのがいんぞ、みたいに生徒会で話題になって、生徒会長直々に「あなたという才能が必要だ」みたく推薦されて、他クラスや学年からも三年の外国語科の評議員マジらしい、的な、あいつを取り込めば部活の予算がやべーことになる、正体はドラゴン、みたいな色んな噂が流れて。したら当然俺の好きな子は宇宙一可愛いんだから、所属してる部活の部長は予算獲得のためにその子を使おうとするわけじゃん。

 部長になんとしてでも予算を取ってこい、たとえ身体を使ってもだ、とか言われて、本当は嫌だけど部活のため、と俺しか居ない生徒会室に勇気を振り絞って入って、何でもしますからどうか、っつー好きな人に対して、俺は微笑みながら「Oh mon dieu, c'est un client rare. Un ange est venu. Que s'est-il passé?(おやおや、これは珍しいお客さんだ。天使が来てくださるとはね。いかがなさいました?)」つって。なにせ外国語科だしフランス語専攻してたからね。

 学校を牛耳っているイメージとはほど遠い俺の柔和な雰囲気と聞き慣れない流暢なフランス語に困惑している好きな人に対して、っとごめんよ、あっちが長くて日本語に不慣れなんだ、つってね。まあ、あっちっていうか好きな子とは隣の市なんだけど。今もフランス語分からないしグーグル翻訳使ってるし。

 んでまあ、ここに来た経緯とか聞いて黙っていた俺は、それがどういう意味か分かって来たんだよね? って静かに訊くんだけど、好きな人は、覚悟はできています……つって服を脱ぎ始めて、ワイシャツの第二ボタンに手を掛けた瞬間に、…………っぷ、はははっー! そんなに震えて……っくふ……なにが覚悟はできています、なのさ、はっはっはー! といきなり破顔して、自分が着てた学ランを好きな人の肩にかけてあげて、からかってごめんよ、みたいなやつ。そういうのをしたい。君は面白いね、気に入ったよ、予算のことは僕の方から言ってあげるから安心してネ、的な。

 あ、でもでも、せっかくのチャンスなんだから完全に接待を断るのは勿体無いしどうしよっかなー。好感度と欲望でちょうどバランスとれるとこってどこだろ、たとえば困惑しながら扉を出ようとする好きな人に対して、会長には僕から口添えするから君には、つって最後に口付けしちゃおっかなー。それともこれは寒ギャグ罪で捕まるカナ?^^;

 閑話休題。まあなんだ、要するに高校が同じだったのにも関わらず接点が一切なかったっつー時間なんて"無"じゃん、って話なんだけど、実際はこんな駄文を書いてる時間の方がはるかに"無"なんだよね。

 本当はこんなこと書いてる時間があるなら俺だって早くニンテンドースイッチマリオカートしたいの。買ったから。あんまりにすることがなくてマリオカートを買ったから。俺はそうやって一人の時間を一人で潰してうまいことやっていってるわけじゃん。大人の男性だから。

 ほらでも、こうやって別に好きな人との関わりなんて特別なくたって全然毎日楽しーなんてやってると、友達とかが辛そうに片思いとか失恋とかしてんの見ると羨ましいというか、俺こんな感じだけどちゃんと片思いってやつできてんのかな、みたいな感じになってくるよね。

 どこが好きなの? とか人から訊かれても、えっどこだろ、コップを静かに置くところ? あと目の動きとか、生への気力があまりなさそうな感じとか、ほらこないださーから始まって、最後はとにかくすげーの、お前さ、愛って知ってる? 今愛って言葉を聞いてなんらか想像したっしょ? それ。それが服着て歩いてんの。ウケんね。みたいな、そんな感じで決まった答えがあるわけじゃなくて、その時その時思いついた順に好きだな、良いなって思ったところを並べるだけで全然うまく答えらんないし、ずばっと好きな人のこんなところが好きって言えて、聞いてる人も、うわっ、そりゃ惚れちゃうよ、みたいな、出来えば全員が好きな人のことを好きになってくれるようなプレゼンを指し棒とか使ってしたいんだけど、だからそうやってちゃんと答えられる人ってほんと憧れる。

 好きな人って俺が持ってないもの全部持ってるし、反対に俺が持ってるものって好きな人にとっては不要なものばかりっぽくて、考え方とか嗜好も全然違うし、自分がどこに惹かれてんのか、何にこんな執着してんのかわかんなくなって、逆にどこが好きだと思う? つって、合コンに居るうぜーババアみたいになっちゃう。

 こないだもさー、好きな人にウインクしてる動画が欲しいつって、まあ当たり前なんだけど散々渋られて、やっとのことでくれた動画もウインクとか全然関係ない、なんかサッカーのゲームでシュート決めて喜んでる動画で、しかもお前、友達が被って全然見えないじゃん、みたいな、まあその時だよね、白眼ッッ!!! つって、血継限界に覚醒したのは。したっけ友達を透視して好きな人の全貌を見ることができたから、KOKIAの『ありがとう・・・』を聴きながら泣いたし、誰と結婚することになってもこの映像を式場で流そうと決意もしたんだけど、あっそうだ、あとあと、なんか好きな人がだまし絵の美術展? みたいなとこに行った時の写真もくれたんだけど、その写真って飛び出てるように見える天使の絵を好きな人が指差して笑ってる写真で、それ見た時爆笑しちゃった。いや、天使が天使指差してんじゃん、って。ど、ど、どっひゃ〜! そんなに天使はみ出すの〜!? あれれ~!? よく見たらこれ天使じゃなくて好きな人じゃ〜ん! ちょっとちょっと〜! そういう〜! だまし絵ってそういう〜! みたいな、まあそんで、しかも、その写真に写ってた好きな人の髪が編まれててさあ! ほら! 以前!

haine.hatenablog.jp

あの、ところでさ、全然話変わんだけど、旅行の写真あげたじゃん。で、お前最近髪を編んでるらしいじゃん。代わりにその写真くれない? ダメ? ダメなんだ、ふーん。

 って書いてて! 実にあれから四ヶ月! 遂にこの度願いが叶いまして! 雰囲気全然違うじゃ〜ん! お前の髪型ってどのパターンでも可愛いやつなのかよ~! そういう〜! だまし絵ってそういう〜! つって。ひゃ~! オメェすっげえ美人だなぁ! オラといっちょ結婚すっか!? って孫悟空になっちゃった。

 いやでも、たとえ俺が孫悟空になっちゃっても好きな人にとってはマジで関係ないっぽくて、これといった進展も特にないし、なんだろ、冬の気圧配置、みたいな、今のはちょっとたとえがうまくいかなかったからスルーして欲しいんだけど、とにかくそれこそもう奇跡でも起こんない限り、今後とも末永く友達のままお付き合いくださいって感じなわけじゃんか。したっけ俺もちょいとばかし最近は気を抜いてたっつーか、省エネモードみたいなのになってたんだけど、その間にも好きな人はどんどん可愛くなってって、中身はあきれるくらいずっと変わんなくて、ね、どしたの、悪魔と契約した? みたいな、もうほんとおちおちスリープしてる場合じゃねえぞ、っつー。俺だって高校時代は評議員の端くれ、生徒会の末席を汚してた身なんだから、いざという時は舞台上から彼女に向けていつでも「最近仕事が忙しくて、前より話したり遊んだりする時間は少なくなったけど、それでもずっとお前のことが好きだっ!」って宣言しちゃえるくらいのアレでいるつもりだし、もうほんと、あとは奇跡待ち、だけ、みたいな。