ビキニ環礁シンジケート

書くことが楽しい

目は口ほどに

 大学一年生の夏、髪を茶色に染めてパーマをかけた。それまで俺はそういった量産型大学生みたいな恰好を小馬鹿にし続けてきたもんだから、サークル内でも髪を染めるならまずあの人に話通しとけ、みたいな、黒髪ストレートの過激派ゲリラ的な存在に祭り上げられていて、当然周りに集まってくる奴らも、あえて黒髪だから良いんっしょ、みたいな逆張りナルシストや、あなたが髪を染めるとき、髪もまたあなたを悪に染めるのだ、みたいなひねくれニーチェもどきみたいなのばっかで、当然髪を染めたり巻いたりしていた女からは、世の中のすべてが気に入らない奴らなどと凄まじいそしりを受けていた。

 当然こちらとしてもなにくそ、あいつら髪だけじゃなくて心までひん曲がりやがって、と、まさに一触即発、諸君、私は戦争が好きだ、みたいな演説がいつ始まってもおかしくないようなそんな状況下で、俺は髪を茶色に染めてパーマをかけるタイミングを伺い続けていた。だって、夏だし。黒髪って重いし、パーマってお洒落じゃん、わかんねーけどさ。でも狂気に犯された過激派の同胞たちは、戦争クリーク! 戦争クリーク! 戦争クリーク!とか叫び始めてて、あとはもう俺の、よろしい、ならば戦争だ、待ちみたいな、そんな目してた。

 全力で濁し続けたよね。気付かれないような遅々とした速度で徐々に態度を軟化させていって、まーなんだかんだパーマとか茶髪とかも実際悪くないと思うけどねー、みたいなことを最後は言い始めちゃってた。どちらかって言えば好きじゃないけど、ま、経験としてやる分には悪くないんじゃない、的な落としどころでうまくやろうとした。同然周りの反応とかは、あれ? そんな感じッスっけ、みたいな、まさか最近ちょっと興味あるんスか、的なそんな疑いの目を向けられるんだけど、お前ら馬鹿野郎つって。大慌てで。ほんと何もわかってねーなこれも作戦だっつーの、内部工作だろーがって。ならみんな、疑った自分が恥ずかしいッスみたいな、パネエ、やっぱ敵わないッス、マジ背中でっけえッスみたいな、もし髪を染めても信じ続けるッスとか言いながら、最後はみんなで肩組んで泣きあった。

 で、その後、あいつらが超バカで良かったー、てか遅れちゃう遅れちゃうってな感じで自転車立ち漕ぎで美容院へ行って、茶髪にパーマでお願いしまーす! みたいな。なんなら美容師と話が盛り上がりに盛り上がって、最終的にもうじゃあ茶髪にショートマッシュっぽい感じで行きましょうつって、数時間後、鏡の前に大学生が居た。こういう奴居るわー、絶対04 Limited Sazabys聴いてるわーみたいな。

 でもサークルのみんなの反応は、え、すごく似合ってんじゃんみたいな感じですこぶる良くて、ゲリラ同胞たちも、うまく溶け込んだッスね、これが内部工作ッスね、みたいに遠目にウインクしてきたりして、うぜえなとか思いながらも、ん、まあ、すぐ戻すけどね、的な予防線を張って、でも内心はノリノリのうっきうきで、結局そのまま半年くらい同じような髪型にしてた。さすがにその頃にもなると、同胞たちも、いくらなんでもおかしくないッスかみたいな、半信半疑っぽい意見が無視できないくらいに出てきて、俺はちげーちげーこれは、って必死に宥めつつ、傷つかないための予防線を、微妙なニュアンスで示そうとしてたんだけど、全然防げねーのな。

 そんな時事件が起こった。当時俺が付き合ってた彼女って、そりゃもう学内でも有名な可愛い黒髪の子で、名前を出すと、あ、あの黒髪の可愛い子ね、とか、足の細い可愛い子ねとか言われるくらいに知れ渡ってる、見たまんまお人形さんみたいな、まあそれを本人に言うと、日本人形みたいじゃない? とか言って嫌そうにするんだけど、とにかくみんなが黒髪の可愛い子と認識しているような子で、その彼女がいきなり髪染めよっかなとか言い始めた。そりゃもう全力で止めた。俺が全力を出したのなんて、その時と、高校一年生の時に全く自転車通学なんてしてないのに自転車通学者向けの説明会に参加してしまった時だけじゃんか。

 いや、待って、染めるったってお前、黒髪が一番だって、お前のその綺麗な黒髪を維持するためにしてきた努力が一回の染髪で全て水の泡になるんだよ、髪なんてきっしきしになるし、毛先はパサパサになって、その裂け目が原因でみんな最後はもがき苦しみながら身体が裂けて死んでくんだよって、必死に説得した。それだけじゃなくて、俺がどれだけ黒髪が好きで、それ以外を憎んでいて、お前のことが好きで、お前のそのセミロングでストレートの黒髪が世界で一番可愛いと思ってるよって、ショートマッシュかつパーマで茶髪の奴が。彼女、きょとんとしてた。いや、でも、そっちも染めてるし、しかもそれパーマもだよね。って。

 こりゃおっしゃる通りだわつって、じゃあせめてちょっとだけ待ってって彼女に頼み込んで、即行美容院へ黒染めしに行って、あの、パーマを戻すとかできんのかわかんないけど、とりあえず俺も色だけは黒に戻したからって、なにとぞなにとぞつって、そしたら、わあ! それすごく似合ってる! わたしそれ好き! ってすげー褒めてくれて、おお怪我の功名じゃんみたいな、でも確かに自分でもこっちの方が似合ってる気がするなとか、やっぱ日本人たるもの黒髪なんだよって思いながら、いやでもお前が考え直してくれて俺も嬉しいよ、みたいな。彼女もうんうんって満足そうにしてて、冬っぽくて黒髪もいいなーなんて言ってくれて、伝わってくれてよかったよ、お前の黒髪にゃ雪がよく映えるとかなんとか言いくるめながら、彼女も、んもうばか……って満更でもない感じのロマンチックな雰囲気で解散して。

 で、彼女、次の日パーマかけてきた。髪染めるのやめた! ってすっごく嬉しそうに。全然伝わってなかったなー。一休にトンチで言いくるめられた人ってこんな気持ちなんだろうな、ガッハッハ! こりゃ一本取られたわい! ほれ褒美を取れ! 一休やー! みたいな、アレ完全に嘘だわ。ただ、いやいやいやいや、つった。

 いや、確かに、うん。可愛い。可愛いけどさ。それはこう、ギャップつーのかな、普段見慣れてない分、そのパーマにはボーナス値みたいなのが今はあるって話で、慣れてきたらやっぱり純粋な魅力の基礎値はストレートが上なわけなんだよ。これ伝わんないかなー。そもそもこう、ヘアアイロンとかで髪を巻いてきたりみたいな、そういうのは今までもデートとかの時にあって、それはすっごく可愛かったし似合ってたし、じゃあそれで良かったじゃん、みたいな。コテ使おコテ。

 もちろんヘアアイロンの方が髪に悪いみたいな話もある。そもそもパーマと髪を巻くことは女の子的には全然違うものなのかもしんないけどさ、正直男サイドでは違いなんてわかんねーんし、なんだ、綺麗な黒髪を維持するための努力云々の話をした手前すごく言いづらいんだけど、同じなら髪を痛めてでもストレートで居てくれない? 素の状態はストレートであってくれよ、みたいな。

 ただ当然のように彼女の女友達からは大絶賛なわけで、俺思ったんだけど、彼女の女友達が役に立ったことって一度もねーな。あいつら、常に敵の味方。なんか、わー! 可愛いー! パーマかけたんだー! 雰囲気全然違うねー! みたいな。絶賛の嵐吹き荒れてる。暴風域。なんなら、ぱっつんにして前髪作ろうよー! 的な、どさくさに紛れてとんでもねえ入れ知恵をするやつまでいる。やめろー! ぱっつんを勧めんな! 散れ散れ! 俺にももっと褒めさせやがれ! つって、まあその一件で彼女も満足したのか、その後は自然とストレートに戻っても再度パーマするみたいなことにはならず、相変わらず綺麗な黒髪のまま、途中で髪を切ったりぱっつんにしたりとかしつつも平和に過ごしてた。俺は相変わらず黒髪にパーマだった。

 でもその平和ってあくまで彼女の我慢の上に成り立ってるってムチャクチャ大切なことに俺は気付けなくって、その次の夏、二人で沖縄へ行こうっつーことになって、電話で色々予定とかを立てながら楽しみだねーとか言ってる時、突然彼女が、あ、そういえば今日髪染めた、って言い出した。え、だって夏だし。沖縄だし、みたいな。あ、もう普通に事後報告なのね。完全に半年前のやり取りを根に持ってたんだな、学んでるなーって。大丈夫大丈夫、全然黒いままだからとか言ってくるんだけど、いやそれ俺知ってるって、太陽の下ではガッツリ茶色のパターンじゃんって、まあでもそれが意外と彼女に似合ってたりするもんだから可愛いって得だなとか思ったりもして、まあそんなことを経験しながら俺もその彼女のおかげで、黒髪ストレートが好きだけど別に似合ってたらなんでも良いんじゃね、みたいな穏健派くらいにはなって、好みは伝えるけど止めたりとかそんなことは別にしない、みたいなスタンスになってった。

 そんな中、当時俺が働いてたバイト先に一人の女の子が入ってきた。ショートの、いかにも大学生って感じの茶髪で、簡単に言うと全然タイプではないんだけど、けど目のくりっとした可愛らしい女の子だった。その子とはしばらくの間特にバイトの先輩後輩以上の関係になることもなく、つまり全然仲良くもなくて、そうやって数ヶ月が過ぎて、俺はその間に彼女と別れてまた別の彼女が出来たりしていた。

 で、その子とやっと冬くらいに連絡先を交換したんだけど、それからはなんとなく毎日連絡を取るようになって、どんどんその子は生意気になっていって、敬語がタメ口になり、呼び方も呼び捨てになって、まあつまり正しい先輩後輩の形にとりながら俺たちは仲良くなってった。その時のことってあまり覚えてないけど、たぶんその間その子はずっと茶髪で、俺はパーマをやめて、だけど黒髪のままで、そんな風にしてゆっくりと、でもあっという間の二年が過ぎた。

 結局その子は俺よりも先にバイトを突然辞めて、それからもずっと毎日連絡をとったりたまに飲みに行ったり仲良くしてて、でもやっぱり同じバイトって繋がりがなくなった俺らはほんの何かの拍子で全く連絡を取らなくなっちゃって、そんなある日、そういえば元気かなって、実際はそんなこともないんだけど、やっほーなんて、体感としては随分と久し振りにその子へ連絡した。けど相手からもやっほー、生きてたんだ、みたいに拍子抜けしちゃうくらいいつも通りに返ってきて、三ヶ月ぶり? いったい何してたんだよ、いや、連絡返してこなかったのそっちだから、なんて軽口をお互いに叩きながら、また連絡を取り始めて、そういえばうち今就活中なんだよね、おっじゃあそれ終わったら飲みに行こうよ、みたいな感じで会う日を決めた。そして当日、久し振りに再会したその子は、就職活動用に染められた黒髪を一つくくりにして、予定より一本遅い電車でやってきた。

 うわって内心ドキドキしながら黒染めしたんだとか普通に遅刻じゃんとか曖昧なことを言って、その子は、これ不自然じゃない? 黒過ぎない? って大きな目をくるりそわわって心配そうに動かして、その目を動かすやつ相変わらず変わってないな、なんて笑いそうになりながら一気に緊張がほぐれて、いつも俺たちが使っていた居酒屋へと入ることにした。

 連絡を取ってなかった間のことをお互い話す中で相手に彼氏ができたことを知って、へえ彼氏なんて居るとこ初めてみたとか言いながら興味津々で問い質すと、告白された時のこととかその馴れ初めとか、そんな話を相手はいつもより早いペースのお酒で恥ずかしさを隠しながらぽつりぽつりと話して、それを聞きながら、なんかこんなこと話して照れてるお前新鮮で可愛いな、みたいな茶々を入れたりして、俺がそんなことを言うたびに目をぱちぱちと瞬かせて、その後すぐまたくるりそわわってして、ちっちゃい肩をさらに小さくしながら、うちのこんな話聞いても楽しくないでしょって、隙あらば俺に会話の主導権を押し付けてこようとした。それを見ながら、こいつ自分の話するといっつも恥ずかしそうにしてるなあとか、黒髪似合ってて可愛いなあなんて、途中から照れてる彼女が面白くなってきちゃってとにかく可愛い可愛い言いまくって、そんな久し振りの再会は本当に楽しかった。

 その後すぐ相手が彼氏と別れたこともあって、俺らはお互いの時間が合う度に飲みに行ったり、それまではしなかった日中から遊びへ出掛けるようなこともし初めて、その子の黒髪はその時々によっておろされてたり巻かれてたり、くくられていたりところころ変わっていた。その全部がとびっきり可愛いかった。たしかに茶髪の時も可愛かったんだけど、それは俺の心に向かってくるものではないっつーか、客観的な感想としてのもので、うん。率直に言うと、久し振りに会って、自分の実感としてその子の可愛さを意識した。なんか、そういうのってあるじゃん。げって。げっこいつ可愛い、みたいな。俺、どうやら完全に黒髪が好きなままだったわ。かりそめの平和の中にいても身体は常に闘争を求めてた。生粋の過激派だった。

 別に俺にはその間も彼女がいたし、その子が好きとか付き合いたいとか、その時は全然そんな感じじゃなかったし、けどじゃあ純粋に友情だけだったかと言われるとそんなこともなくなってきてて、辺りがすっかり涼しくなる頃には、もう好きって認めざるを得ない感じになってた。その頃相手はとっくに就職活動を終えてて、髪もだんだんと茶色っぽい地毛に戻ってきて、できるのこれが最後だしって髪をたた染め直したりとかして、俺、その子が黒髪じゃなくなった時にふと気付いたんだけど、その子の黒髪が好きなわけじゃなくて、目がとにかく好きだったらしい。なんかその子ってちょっと長めの前髪を横に流しててさ、話しかけるといつも少しびっくりしたように目を見開いて、俺の目をちゃんと見ながら、ん、どうしたの、って今にもそう言いそうな無防備な顔をするんだけど、それがすげー好きなんだよね。

 俺、友達とかと飲みに行ったりする時って、ものを咀嚼してる姿とかを見られたくないし、煙草を吸うから隣に座ったほうが都合がいいとか、あとほら、もちろん相手に触れたりできるって下心もあって、だからカウンター席って結構好きだし、できればボックス席でも隣に座りたいんだけど、その子の場合は対面に座るのもすごく楽しかった。ころころ変わる表情をずっと見てたいと思うし、笑ったときのくしゃってなる目も、俺がトイレから帰ってきた時とか携帯を見ながら油断して無表情に澄ましてる感じの目や表情も、とにかくすげー好き。その子は左右の二重幅が違うからって、それほど自分の目がいいとは思わないみたいなことを言うんだけど、そんなことを気にしてるところも可愛いし、えっそうなのちょっとよく見せてって、ずっと見てたらやっぱり恥ずかしそうにくるりそわわって目が泳いで、OK、大丈夫。かなり可愛いよ、みたいな。相手は無視。けど、無視できてないの丸わかり、的な。そこも可愛い。

 なんかその子ってあんまり自分の話とかしないし、俺の名前とかも普段全然呼ばなくって、話しかけてくる時も、なあなあ、みたいな、とにかく照れ屋というかへらへらそわそわしてる子で、なんか彼女がたまに、今日うまいこと分かれなくって、みたいなことを言いながら、前髪をおさえて恥ずかしそうにしてる感じとかすげー様になってるの。その仕草、特許とりなよ、って。お前のもんだしそれみたいな。その子は別に特に無口とかではないしむしろお喋りなんだけど、内向的つーか受け身で、普段は俺ばっか喋ってるんだけど、その子の目を見てると相手も本当に楽しそうにしてくれてるんだなって伝わってきて、くるりくるりって目や表情が動いてくの、ほんと見てて飽きない。それから半年以上経ってるけど今も好きなままで、あ、言っちゃった。言っちゃったわ。さすがに二回続けて好きな人の話ってやべーよなとか思って、別人ですよって顔をしながら書いてたんだけど、完全に勢い余った。(これ以降のことは前回の日記に書いてます)

 

 

広告を非表示にする