ビキニ環礁シンジケート

書くことが楽しい

恋煩ってない

 俺にはもうかれこれ半年くらいずっと好きな人が居て、でもそのうち初めの三ヶ月間は俺に別の彼女が居たし、その後の三ヶ月間は相手に彼氏が居て、なんか全然純粋な片思いみたいな感じではなかったんだけど、でもまあそれなりに、俺なりの片思いはちゃんとしていて、その時々で楽しかったり悩んだりみたいな、一通り片思いイベントの実績は解除してますよつーことで、でもこれもうそろそろ彼氏いるなら諦めるべきだよな、けど相変わらず好きだなとかなんとかクダを巻いていた。

 そんな頃、仲良かった会社の可愛い同僚と、適当になんだ、そいつをミヤタとでもするけど、何度か飲みに行ったりしてたそんなある日、ミヤタが餃子のタレを入れる小皿にラー油で変なねこを描いて、俺はそれをおーうまいじゃんとか言いながら眺めてたら、ミヤタ、運ばれてきた餃子をその自分でラー油だらけにしたタレに付けて「からいからい」と楽しそうに笑ってて、ぬへえミヤタちょっといい子だな、と思ったりなんかもした。

 それからもしばらくの間はミヤタと遊んだりご飯を食べたりしてたんだけど、まあ、複数回ご飯食べたらわかるじゃん、ははんミヤタさてはお前、杏仁豆腐と肉と俺のことが好きだな、みたいな。で、結局俺には他に好きな人がいることを伝えて、その後少しだけ間をおいてミヤタから告白されて、断った。だってその間もずっと好きだったし。好きな人と最後に遊んだゴールデンウィークもすっげー楽しかったんだよ。で、まあ気持ちは嬉しいけどごめん、俺前も言ったけど好きな人居るわって、ミヤタは何か冗談を言って、俺もそれに何か冗談を返して、その後ちょっとだけこらえきれない感じで泣いちゃってたんだけど、やっぱり最後にはいつも通り笑ってた。ミヤタいいやつだよな。

 その帰り道タクシーの中で、俺もそろそろいい加減ここらが引き際だな、とか色々考えて結構へこんだ。これって俺が好きな人の前で泣きたくないから選んでこなかった分岐なわけだし。ミヤタの肩を抱いて一緒に泣きたかった、しんどいよな泣けてくるよな俺もその気持ちわかるよミヤタはすげーよ俺そんな勇気ねーよって、そんなことしちゃうと辻褄が合わなくなるからしなかったけど。

 で、その翌週に大学の同窓会があった。そこでたまたま近くに座ってた子が楽しそうにぽぽわんとしていて、俺は好きな人のことを話して向こうはなんか仕事の愚痴みたいな、はいはいそういうのってどこも一緒なんだねーつって、そんな感じで二人で話し込みながら、なんとなくそいつに気がある素振りを見せてみたら反応良くて、その後家へ行って、どこからが浮気なんだろうね、まあそういうのは人それぞれだしね、みたいなことを言い合いながら服を脱がせて、そっかじゃあ俺たちがこれからするのって俺的には完全に浮気だなとか考えながら、そいつと寝た。その時、なぜか好きな人じゃなくてミヤタのことを一瞬考えた。別に罪悪感とかじゃないけどさ。ミヤタ今何してんのかな、さすがに寝てるかって。

 んで朝、今日は仕事ないんだっけ? 別に何もないよごめんちょっとタバコだけ吸って来ていい? あ、それアイコスでしょ別に良いよここで吸って、アイコス知ってるんだありがと、みたいな、友達が吸っててわたしの部屋でも吸ってるし、的ななんの変哲もない会話をこなし合いながらのそのそと起きて、好きな人にもなんの変哲もないラインを返して、虚しくなれた頃にちょうどアイコスのランプも切れて、つーかそのアイコス吸ってる友達って男でしょ、とか言いながらベッドでこのやろーなんてイチャイチャしつつ夜までダラダラ過ごして、ご飯食べに行く? いや俺昨日着てたスーツしかないしやめとく、みたいな会話があって、それじゃまた遊ぼう暇だしつって、その次の週末にすぐまた同じような日を過ごした。でもその時はちゃんと着替えを持って行ったから夜ご飯も食べられて、そこでも俺は好きな人の話を相変わらずしてて、相手は仕事の愚痴を言ってて、もうこのまま付き合えば良いんじゃない? みたいなことを冗談っぽく言われて、よし付き合うかつって、俺好きな人いるんだけど、って二人で笑って解散した。家に着いてから、あれ、わたしら結局付き合ったの? そうなんじゃないの? 急展開過ぎてウケるね、とかくだらないやり取りをしながら、その時ラインしてた好きな人にも話した。俺、彼女できちゃった、って。

 なんだ、隠すのもあれだし、このことがきっかけで俺はもう別に好きじゃないし友達として仲良くできるから安心して、ちょっと今まで気まずい思いさせてごめん、いやごめんつーかまだ当分好きなんだけど、これで前に好きって宣言した分は帳消しでしょ、みたいな。ほら、また今までみたいに、それは完全に浮気じゃない? 違うよ俺が好きなのはお前だって、はいはい、なんて楽しくて、でもお互いがお互いを完全に対象外に見てるからこそできる会話だよねこれ、っていう暗黙の了解を再確認するような儀式っつーか、茶番なのかな、とにかくそんなやり取りを経ることで、今後徐々に自然と諦められる方向へ向かうでしょ頼むぜ将来の自分、とか思いながら、そこに込められたものは全然軽くはないんだけど、比較的小さめの箱で配達したら、結構本気で怒られた。相手誰? ミヤタ? みたいな、初めてそんな姿見ちゃったよって勢いだし、なんで怒ってんだよほんと俺の気持ちも知らないでさなんて、いや、相手は俺の気持ちを知っているわけなんだけど、つーかそもそもそんなこと思わなかったし、むしろ嬉しいつーか、え、パニックなんだけど、みたいな、そんな風なことを思って混乱してる漫画の登場人物ありがちだよな、みたいな、そんな感じで。

 でも現実はやべーのな。いや、ミヤタじゃないんだけど、みたいな、おそるおそる、みたいな感じで、でも、相手はもう縁切る終わりだねうちらみたいな雰囲気だし、そんなの絶対にやだよ そもそもなんで怒ってんの? これマジ? ってぐるぐるしながらとりあえず電話しようとしても、したいと思わないとかなんとかで普通に断られるし、お前理由も言わず断ったりするタイプだっけ、え、つーかこれもう選択肢が出てこずにバッドエンドへ向かう感じ? エピローグ入ってる? みたいな、で、なんとかかんとか仲直り出来て、やっぱ好きだなとか思いながら、あぶねーどうしよこれから、あ、そうだ、諦めるとか言ってたけど、そういや、ミヤタのこと俺、好きな人がいるからごめんってそう断ったんだ、よくわかんない状況だけど好きな人に振られるまではちゃんと頑張るわ、ってな感じで、それからとりあえず付き合ったのもすぐ別れてつーか、状況を説明して、だからちょっと中止中止つって、いやそもそもなんで好きな人にわざわざ話してんの馬鹿じゃんとか笑われて、これにはわけがありまして、ってまあそんな感じで取っ散らかしたものを箱にしまいながら過ごしてた。

 ま、過ごすつってもさ、相変わらずどう考えても脈に加えて信頼もねーし、相手にはずっと彼氏もいるし、その彼氏とはイチャイチャしてるだろうし、え、待てよ、お前イチャイチャしてんならそういうの俺にも教えてくれよ、どんな風に好きって思うの、どんな顔で受け入れたりすんの、可愛いだろうなその顔、そういうパターンで照れてるのなんて俺見たことないし、ちょっと写真くれない? いやもちろん嘘だよ見せてくんなよばーか隠せ隠せ、みたいな、とにかく未知過ぎるんだよね、相手のそういう部分。全然デレないし俺の前では。しかもなんか彼氏との関係、周りからあんまり応援されてないっぽくて、でもそれならなおさら好きな人とその好きな人なんだからさ、俺くらいは応援したいじゃんか。その分野で一位とりたいっす。あ、でも当然応援してない人ランキングの方もぶっちぎってますけどね、二位から俺の姿全然見えねーから、会長みたいなところあるから、みたいな。あーほんとごちゃごちゃしてんなこれ、誰だよこんなに詰め込んだ奴。整理整頓しらねえのかよってキレ気味に。だからって別れて欲しいのかと言われると、それは違うっていうか、いや確かにさ、別れて欲しいし、食い気味にあったりめーだろって感じで、別れて欲、くらいでそう言っちゃう勢いではいるんだけど、俺が理由で、とか、俺が好きって言ってくれるから、とかそういうのはまた違うくない。俺が居ないと付き合い続けるんなら、それはたぶん俺が居てもそうする方が正しいし、できれば俺以外がきっかけで別れて欲しいし、俺が理由で付き合って欲しいし、みたいな。

 あのさ、俺付き合った後に他の男にとられるとかめちゃくちゃ怖えもん。うん。だって俺の好きな人って最高じゃんか。周りにいる男、全員好きじゃん絶対に。だから、ちゃんと付き合うからには、友情みたいなものを生贄に捧げて恋人を召喚するにはさ、良いスタートを切りたいわけで。友達とか会社の同僚とか親とか将来の子供とかが、まあそれは誰でもいいんだけど、二人はどうやって付き合ったの? つった時に、お父さんはお母さんを他の男から奪ったんだよって。いらねーよ。その第三者。俺らの輝かしいスタートラインに一緒に並ぶなよてめー。ま、俺もミヤタのこと、好きな人が居るからって振ったし全然わかるんだけど。むしろそれが自然ってことくらいすげーわかってる。けど今回ばかしは俺っち本気だから。好きと付き合うがイコールじゃないなら、俺はイコールになるまで待つしその為の努力はするよ、我慢はできるつもりだよって。

 そうやってやっとこさ元通りしまい終わった時、ここにきてどうすることもできなくなった。で、どうすんのこれから、みたいな。努力って具体的に何すりゃ良いの? 我慢って何待ち? 前みたいに好き好き言って良いの? って感じ。いやいやそれはマナー違反なんじゃねーのって。レギュレーション違反でしょって。だって我慢してねーしそれ。

 そうやって日々悩んだりしながらもマクロでは楽しくて、そうじゃない時は気の良い友達たちに支えられたりしながら、今までまんまと好き一本でやってきてる。年末年始も大型連休も四六時中営業中だし、好きだけを売りに広告とかもバンバン打ち出してる。客来ねーけど。これ以上余計な人物は登場しないし、させない。なんかミヤタが会社の上司からセクハラされて会社を休んでたり、なんかそのあと裸足で困った風に笑いながら、ストレスかわかんないけど左手がうまく動かなくなっちゃった、とか言ってて、これよくわかんないけどかなりエッチだなとか思ったり、そんなミニイベントは日々あるんだけど、脇目も振らずどんどん好きなまま。大丈夫。ミヤタは大丈夫じゃないけど。

 これまでそれなりに付き合ったり別れたりしてきてさ、そうやってどんどこ俺も大人になってってるし、予想されるくらいの孤独や手持ち無沙汰な時間を埋める手段なんかは知っちゃってて、それでも何をしていてもどこに居ても隙間はできちゃうんだけども、ま、そんなもんでしょ片思い、っつー感じで誤魔化し誤魔化し。大丈夫。

 なんか思ったんだけど別に自分にこれと言ってわかりやすいアピールポイントがあるわけでもないしさ、ただこれまでの俺の人生って品行方正に生きようとしたかっただけなんだよね。元々がクソなのに。性根の腐った奴がモラリストぶって生きようとしたくだんねーもんの総体が俺の基本形なわけだから、自分をプレゼンする片思いっていう作業に、とにかく幅がないの。半年もしてたらそろそろ周回しちゃうよって感じで、この切り口は前に一度見せたけどこうこうこういう理由でお前のことが好きでって、つーかあれ、さっきから俺ばっかり喋ってない? 大丈夫? これ空気読めてる? それはそうと今日いつもより可愛くない? みたいな。もうね。超楽しいわ片思い。いい加減付き合ってくんねーかな。